【Ruby】バックスラッシュ記法について徹底解説!

Ruby

バックスラッシュ記法とは

バックスラッシュ記法とは\(バックスラッシュ)で始まる文字の記法のことを言います。 改行のようにキーボードから直接入力できない文字などを記述するのに使用します。

バックスラッシュの書き方

「\」は「option + ¥」で打つことができます。
※windowsでは「¥」を使用します。
代表的なバックスラッシュ記法は下記の通りです。

記法 意味
\n 改行
\t タブ
\b バックスペース

他にもたくさん種類はありますが、主に使うものだけご紹介いたしました。
では試しに実際にコードの中で使うとどうなるか試してみましょう。

ruby
1
2
3
4
puts "こんにちは。\nプログラマンです。"
# 下記の文章が出力される
こんにちは。
プログラマンです。

このように改行されて表示されます。
上の例は文字列をダブルクォテーションで囲いました。
ではシングルクォテーションで囲んだときはどうなるでしょう?

ruby
1
2
3
puts 'こんにちは。\nプログラマンです。'
# 下記の結果が表示される。
こんにちは。\nプログラマンです。

シングルクオテーションで囲んだ文字列は全てただの文字として出力されます。
ちゃんと改行をして欲しい時には必ずダブルクォテーションで囲むようにしましょう。

まとめ

バックスラッシュ記法を使うと文字列の中で改行などができるようになると覚えておきましょう!