【Ruby】オブジェクトについて徹底解説!

Ruby

オブジェクトとは

オブジェクトとはRubyで扱うことができる全てのデータのことです。

Rubyのプログラミングで使用する文字や数字などのデータやメソッドはオブジェクトという形でデータ化されます。

Rubyのオブジェクトは必ず何らかのクラスのインスタンスです。
オブジェクトには様々な種類があります。

オブジェクト名 属するクラス
文字列 Stringクラス
整数 Integerクラス
時刻 Timeクラス
日付 Dateクラス
ハッシュ Hashクラス

属するクラスによって扱えるデータが異なります。
他の言語の場合、変数を定義するとき上のようなオブジェクトの種類(型)を設定しなければなりませんが、Rubyの場合その必要がないので簡潔にコードが書けます。

関連のある変数やメソッドを1つのオブジェクトとしてとらえるのでコードの管理が非常にわかりやすくなります。

このような考えをオブジェクト指向と呼びます。

まとめ

RubyのオブジェクトとはRubyで扱えるすべてのデータのことと覚えておきましょう。