【Ruby】変数について徹底解説!

Ruby

変数とは

変数とはオブジェクトに付ける名札のようなものです。

rubyには様々なオブジェクトがありますが、その一つ一つに名札をつけられます。
それが変数です。
変数の使い方は下記のように書きます。

ruby
1
2
3
4
変数名 = オブジェクト
# (例)
name = "プログラマン"
#「プログラマン」という文字列オブジェクトに「name」という名札をつけた

上のコード内の「=」は「等しい」という意味ではなく「代入」という意味で使われます。
ここでは右辺の値を左辺の変数に代入するという意味になります。

変数を宣言する時に注意することは変数には命名規則があるということです。
下記のようなルールがあります。

  • 小文字から始める
  • スペースは入れられない

などです。

では変数を使うとどんなメリットがあるのでしょう?

まずオブジェクトを識別する時に名前があるとわかりやすいというメリットがあります。

先ほどのコードを見てみましょう。

ここでは「プログラマン」という文字列オブジェクトがあります。
この状態だと何の文字列かを理解するのは難しいです。
ですが nameという変数に代入することでこの文字列は名前なんだなとすぐに理解できますよね。

また下記のようなコードがあったとします。

ruby
1
2
3
puts "彼の名前はプログラマンです。"
puts "プログラマンはプログラミングがすごい得意です。"
puts "プログラマンに聞けば何でも教えてくれます"

ここでは3回プログラマンというワードが使われています。
もし名前をプログラマンではなく別の名前に変えたい時はどうなるでしょう?

そうですね、使われている3箇所全てを変えなくてはなりません。
今回は3箇所だけなのでまだいいですが、これが100箇所となるとかなり大変ですよね。

ですが「プログラマン」という文字列をnameという変数に代入しておくとどうなるでしょう?

「プログラマン」の部分は全て「name」で書くことになります。
例え「name」の中身が変更されても、変数を宣言した1箇所だけ変更すれば全てが変わりますよね。

こういった具合で変数というのはとても便利です。

また再代入ができるという特徴もあります。
一度宣言してもそのあとのコードで再度同じ変数名で宣言すれば後から宣言したものに書き換わります。
これは何度でも変更が可能です。

rubyだけでなくプログラミングには必ず使用するものなので、しっかりと理解しておきましょう!

まとめ

変数とはオブジェクトに付ける名札のようなものです。