【お役立ち情報】skitchを使って画像を加工してみよう!

お役立ち情報

skitchとは

Evernote社が提供する画像加工アプリです。 非常に簡単に画像を加工することができます。

skitchはスクリーンショットを範囲を指定して取ることができたり、その撮影したスクリーンショットに文字を入れたり、線を引いたり、モザイクをかけたりなど色々な加工をとても簡単にすることができるアプリです。

今回はそんな大変便利なskitchの使い方をわかりやすく解説していきます。

skitchをダウンロードしよう

skitchは現在Mac版のみダウンロードできます。
公式サイトからダウンロードしてみましょう。
全て無料で使用することができます。(※ 2019年5月10日現在)

公式サイト

skitch公式サイト

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、解凍するとアプリが使えるようになります。

ダウンロードフォルダからapplicationsフォルダに移動しておきましょう。
解答されたファイルをダブルクリックすると下記の確認画面が表示されるので「開く」を選択します。

確認画面

下の画面になれば準備完了です。
実際にキャプチャしてみましょう。

skitch画面

画面をキャプチャしてみよう

キャプチャする前にまずはどの範囲をキャプチャするのかを設定する必要があります。
上の「画面キャプチャ」の右矢印をクリックするとキャプチャする範囲を選択することができます。
選択できる範囲は下記の通りです。

項目 範囲
全画面 画面全体
画面のキャプチャ 選択した画面
画面のタイマースナップ タイマーをかけてキャプチャ
画像またはPDFを開く 開いた画像・PDFをキャプチャ
空白ページ 真っ白な背景をキャプチャ

基本的に画面のキャプチャを使うことが多いです。
ではまず「画面のキャプチャ」で選択した画面をキャプチャしてみましょう。

画面キャプチャ

このように選択した範囲をキャプチャすることができました。

選択した範囲をキャプチャ

キャプチャした画像を加工してみよう

次はキャプチャした画像を加工していきましょう。
画面左が加工するためのメニューバーになっています。

メニューバー

各アイコンが何をするためのものか解説していきます。

アイコン 加工内容
矢印 矢印を作成する
文字 文字を作成する
枠を作成する、角が丸い枠や円形なども選択が可能
ペン 自由に線を描く
x印 このアイコンの画像を挿入する
モザイク モザイクをかける
範囲指定 指定した範囲で画像を切り取る
赤丸 矢印、文字、枠の色を選択する
線 線の太さを選択する

矢印の挿入

矢印を作成するアイコンをクリックすると下の動画のように画像に矢印を入れることができます。

矢印挿入動画

文字の挿入

文字のアイコンをクリックすると下の動画のように文字を挿入することができます。

文字の挿入

枠の挿入

枠のアイコンをクリックすると下の動画のように枠を挿入することができます。
さらに枠のアイコンの右下をクリックすると枠の形も指定することができます。

枠の挿入

線を描く

ペンのアイコンをクリックすると下の動画のようにペンで自由な線を描くことができます。

線を描く

記号マークの挿入

記号マークをクリックすると下の動画のようにマークと文字を挿入することができます。

記号マーク

モザイクをかける

モザイクのアイコンをクリックすると下の動画のようにモザイクをかけることができます。

モザイクをかける

範囲で切り取る

範囲選択のアイコンをクリックすると下の画像のように選択範囲を切り取ることができます。

作成した画像を保存しよう

作成した画像は中央下の「JPEG」というボタンをクリックするとドラッグすることができ、保存することができます。

画像を保存

このようにするとディスクトップ上に画像を保存することができます。

画像展開

まとめ

このようにskitchは簡単に画像をキャプチャできる上に、加工までできてしまう大変便利なアプリです。画像を使って説明したいときなどはぜひ活用してみましょう!