【IT用語】パリティチェックについて徹底解説!

IT用語

パリティチェックとは

パリティチェックとは、1のデータの数(奇数or偶数)を目印にすることによって、データが壊れていないか 確かめる方法のことです。

コンピュータの世界では、全ての情報は 0 or 1 でやり取りされています。
例えば、パソコンA、パソコンBというものがあって10111001とか、1001000110とかを送り合ってデータをやり取りするわけです。

この 0 or 1 でやり取りされているデータが壊れていないか確認する際に、1が奇数個であれば末尾に1を付けて、1が偶数個であれば末尾に0を付けてやり取りすることで、データが壊れていないかチェックすることが出来ます。

パソコンAがパソコンBに対して10111001というデータを送れば、これは1が5個と奇数になるので、末尾に1を付けます。

つまり、101110011というデータになるのです。
対して1が偶数個の場合、1001000110なデータを送ったとしたら1が4個と偶数なので、末尾に0を付けます。
つまり、10010001100となるわけです。

もし、10111001というデータを送っているにも関わらず、受け手側のコンピュータが101110010という風にデータを受け取った場合には、
ん?これは1が奇数なのに末尾の数字が0だな!ということは、

データが壊れている可能性があるな!もう一度データをちょうだい!というようなチェックを行うことです。
このパリティチェックがあることで、データが正常であるかチェックできます。

まとめ

パリティチェックという言葉が出てきたら、末尾の数字が奇数か偶数かでそのデータが壊れているかどうか調べられる方法なんだな〜と覚えておきましょう!