【IT用語】RAIDについて徹底解説!

IT用語

RAIDとは

RAIDとは複数のハードディスクを合体させて1つのハードディスクであるかのように見せる技術です。

例えば、僕がtwitterで今日は朝寝坊して急いで支度して仕事に向かったけど、
電車が事故で止まって取引先に遅れる連絡をして〜〜と書いたとすると、
この↑のtweetを保存しているデータの入れ物(HDD)が何かしらのトラブルで壊れてしまったとします。

そうすると、あーー、あのときのtweetを見たいけど、データが無くなっているから見れない。どうしよう!!といった自体になります。

たった一つしかなければそれが壊れてしまうと終わりです。
では、RAIDとはどういうことをしてくれるかというと、
僕がtwitterで今日は朝寝坊して急いで支度して仕事に向かったけど、電車が事故で止まって取引先に遅れる連絡をして〜〜というのを投稿したときに複数のデータベースにそのデータが登録されます。

例えばDB1 DB2 DB3と保管されるとします。
すると、DB1が壊れてしまってもDB2とDB3があるから簡単に復元できます。
こういったデータがもし壊れてもデータのBackupをとってすぐに復元できるようなことがRAIDの特徴になります。

一つのHDDに見せると書いてあるが、実際には複数のHDDからできてるんで、データを保存できる量も増えます!
1000人の人がtweetを同時に投稿すると、DB1しかなければ保存が大変ですが、
DB2、DB3に処理を振り分けることで負担が軽減でき、負荷分散にもなります。

これから出す例はありえないことですが、想像してみてください。
鶴を千個おらなければいけないとなった時に、僕の手は2つしかありませんが、肩から合計手が6本出て鶴を折りだすイメージです。
実際にはありえませんが、手の数が三倍になるので、スピードも三倍になるということです。

ここで大事なのが、三人でやるということではなくて、一人の人が三人分働くくらいスピードが上がる。
「↑実際には三つのデータベースが一つのデータベースになる」
ということですね。

まとめ

RAIDとは、データが壊れても別のHDDにコピーしてるから壊れても大丈夫。 複数個で処理をしてるからその分早い。 複数個で処理をしているからその分データを保存できるといった特徴を持っているものです。