【IT用語】RAID6について徹底解説!

IT用語

RAID6とは

複数のハードディスクを1台のハードディスクに見せて、実データもパリティ(誤り検出用データ)も分別せずハードディスクに保存し、さらにパリティに関しては2台のHDDに保存することで、データの安全性を確立するHDDのデータ保存方法です。

Raid5では実データとパリティ(誤り検出用データ)を別々に分けずに、全てのHDDに均等に分けることで、処理速度を早める方法でしたね!
Raid6では、パリティ(誤り検出用データ)を予備としてもう一つ作ります。

例え話で概要を掴もう
リンクをコピーしました

レジの例で考えてみましょう。
8人の人が5台のレジに並んでます。
Raid5では、5台のレジがそれぞれデータの保存も行うし誤り検出用データの保存も行うので、均等な忙しさ + 全員でやるので早い。

全員でレジの処理もするし、誤り検出用データの保存もするからレジの数だけ早くなる事が、Raid5の特徴でした。

Raid6も基本的にRaid5と変わりません。
レジの数だけ処理が早くなります。全てのレジで均等に働きます。
ただ、Raid5の時と違ってRaid6ではレジのデータが壊れたとき用に復元するパリティ(誤り検出用データ)を2つ作ります。

1つ余分に作るということですね。
このことでもし、一方の誤り検出用データが壊れても、2つ作っているのでもう一方の誤り検出用データでデータを復元できるようになるわけです。
誤り検出用データのバックアップを取るわけですね。

メリットで言うと、誤り検出用データのバックアップを取るわけなので、よりデータの安全性が高まったことですね。
デメリットで言うと誤り検出用データのバックアップの容量だけHDDの容量が必要になることと、その処理分重くなることです。

Raid5だけではデータの安全性が不安、コストをかけても良いからもっと安全にしたいという人はRaid6にしても良いかもしれません。
逆にRaid5で大丈夫、コストを余計に取りたくない人はRaid5で良さそうですね。

まとめ

RAID6は誤り検出用データのバックアップを取ることによってデータの安全性が増します。ただしバックアップを取る分処理が重くなるという特徴があります。